カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

フレッド・ヴァルガス「裏返しの男」

フランスの作家フレッド・ヴァルガスのミステリー「裏返しの男」を読んでみた。

フランス・アルプスの山村で、羊が狼に殺される事件が続発。
カナダからきた狼の研究家ローレンス(でも専門はグリズリー)は、
残された狼の歯型から、かなり大きな狼だろうと推測するが、村人たちが狼狩りをするのではと危惧している。
村の変り者の男マサールが狼男で犯人だと主張する女牧場主シュザンヌが殺されるに及んで、村は恐慌状態に。
シュザンヌに育てられた黒人青年ソリマン、
シュザンヌの牧場の老羊飼いハリバン(見張り番だからハリバンと思われる台詞があるが・・・・?)
ローレンスの恋人で、作曲と水道工事を生業にするカミーユの3人が
羊の運搬用トラックで、マサ―ルを追う事になる。
一方、パリの警察署長アダムスベルグはテレビのニュースで、元恋人のカミーユを目にして
この事件に興味を持つが、自身はヤクの売人の情婦に命を狙われていて・・・。

アダムスベルグ警視シリーズの2作目。なんだそうですが、そんな事も知らずに読み始めた。
最初はローレンスが主人公なんだと思って読み始めるが、
カミーユの方が主人公なのかと、羊臭いトラックでのマサール探索行を読み進む。
え~っと結局、アダムスベルグが主人公なんですね。ふ~ん。

タイトルの「裏返しの男」とは狼男のこと。
なんでもフランスでは、狼男は髪の毛はあるものの体に毛が無く「喉からキンタマまで」体を切り裂くと
体の内側に毛が生えているんだそうで。
つまり狼の毛が普段は裏返しになっていて、体の内側に生えているらしいんですね。
知らんかった。

ミステリーとしては弱い(謎解きと云う意味では)ものの、意外な犯人でしたね。
変人ばかりの登場人物たちが楽しい。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する