カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

宮部みゆき「ドリームバスター2」

第二巻を読みました。

長めの短編が二本という感じでしょうか。
一巻が凄い引きで終わったので、当然「それで、どうなったの?」と勢い込んで読むと
謎は深まる一方で、気を揉むことに。

もちろん、行方不明になったリップ君の消息を主人公シェン君も
心配しており、彼なりに捜査と云うか、探り入れているのですけど。
むしろ、リップ君の謎は深まる様相です。

本作では、主人公であるシェンとマエストロのコンビに加えて
「提督」や「パーカー」たち、他のドリームバスター達や、
ドリームバスター志願の「スピナー」、マエストロの友人の奥さんなど
新たなメンバーが登場。物語に関わって来ます。
シェンの葛藤なども描かれるようになり、一巻よりも面白いですね。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する