カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

ニール・マクレガー「100のモノが語る 世界の歴史2 帝国の興亡」

忙しいね~。年度末が近いからね~。
でも本は読んでるね~。
手短に行ってみよう。

「100のモノが語る 世界の歴史」第一巻が大変興しろかったので
第二巻の「帝国の興亡」を読んでみた。ちなみに全3巻ね。

第2巻は紀元前300年から紀元後1500年をカバー。
こちらも大変興しろかった。
我々が一般的に抱くイメージよりも遥かに広く、この時代の人々は活動していた事が解る。
なんとな~く、大昔の人々って狭い地域で固まっていて、さほど他の地域と交流が無いような気がするけど
実際には信じられないぐらい広い範囲で交流が行われていた訳ですよ。
もちろん個人個人でみればは生まれた村しか知らない・・とか云う事の方が多いんだろうけれども、
品物や文化や宗教は極めて広範囲に渡って交流があったんだなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する