カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

京極夏彦「巷説百物語」

「姑獲鳥の夏」に始まる百鬼夜行シリーズと並んで京極夏彦の2大看板の
百鬼夜行シリーズの一作目。
久しぶりに読み返しました。

戦後を舞台にした百鬼夜行シリーズに対して、江戸時代が舞台。
御行の又市を中心に山猫廻しのおぎん、事触れの治平などの小悪党たちが、
様々な手練手管を用いて、表沙汰には出来ない様々な事件・恨みを
商売として引き受け、八方丸く収める。
さらに語り部として、江戸の若隠居にして戯作者志望の山岡百介。
百介は百物語を開板するのを目標にしていて、諸国を廻って、奇談・怪談を収集していますが
御行の又市たちと出会い、その企みに手を貸すことに。

又市たちの仕掛けに巻き込まれた百介は、“妖怪”に託して
人の恨み・思いをなんとか晴らそうとする又市たちに惹かれて行きます。
いつの間にかゲスト出演者のように彼らの企てに参加することを望むように。

「この世には不思議なことなど何もないのだよ」が京極堂の決め台詞ですが
本作ではむしろ、「不思議なこと」を作り出すことで事件を収める。
時代物と云う舞台設定を活かしたシリーズ、見事です。
江戸時代を舞台に、当時の社会や人間の悩みを浮き彫りにする作品。
単純に娯楽作品として楽しむだけではなくて、ちょーっと考えさせられる。
好い娯楽作品とはそうしたものだと思う。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する