カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

真夜中のヘヴィロック・パーティ

えーっと眠くてハイテンションなカートです。
皆さんお元気ですか。

昨日は仕事を終えるや、急いで着替えて渋谷へ。
先行している女房と落ち合って、マウントレーニアホール渋谷プレジャープレジャー(なげぇよ)へ。
久しぶりにロック系ライヴです。
夜9時半スタートで、終了は翌朝5時と云う事で、体力温存のため2階席を確保。

出演順で紹介すると

シャロウズ
GSバンド。ヨウツベで予習して行ったんだけど、ライヴで聴くとかなりカッコいい。

騒音寺
京都出身のバンド。結構人気あるんだなぁ。ストレートなロックサウンドで、これも良い感じ。

頭脳階段
頭脳警察+非常階段の今回限り?のユニット。JOJO広重の頭脳警察との出会いの話が泣かせる。
非常階段のルーツが頭脳警察の「前衛劇団~モータープール」にあったとは!
一曲だけだったけど迫力の演奏。

頭脳警察
云わずと知れた伝説のロックバンド頭脳警察。
今日のお目当てでもある訳ですが、まさかここまでカッコいいとは!
マジでカッコいい!すげぇ燃える!
パンタとトシのお2人+菊池琢己+騒音寺なので騒音警察。
「銃をとれ」とか「ふさけるんじゃねえよ」とか「コミック雑誌なんかいらない」などの名曲を演奏。
もちろん一緒に歌う!いやぁマジカッコいいっす。
なんつうかねぇ、重みが違うよ、その辺のバンドとは。
感動しました!

灰野敬二
灰野敬二は頭脳警察の演奏も収録されている「幻野祭」に「ロストアラーフ」として参加しているのを
CD「幻野EVIDENCE」でもっている。ちなみのこのCD超名盤なので、要チェック。
「不失者」と云うバンドでも活動していたが、今夜は灰野敬二ひとりでの演奏。
これも凄かった。
ノイズ系の音楽ってCDとかそれこそヨウツベとかで聴くのと、ライヴで聴くのとでこんなにも違うモノなのかと。
耳をつんざく爆音。
しかし、その爆音がなんて云うのかな・・・・静寂すら感じさせるような研ぎ澄まされた緊張感を生む。
タルコフスキーの映画を見ているような感覚を覚えた。そんな詩的な大音量のノイズ。
薄暗い照明の中でステージで繰り広げられるのは秘教の神秘的儀式のような・・・・。
ちなみにベースアンプを含めてアンプを4台鳴らしているようだったが、エフェクトで音をいじる前の
ギターの音そのものはすげぇイイ音。マジで驚かされるぜ。
ほぼ一時間ぐらいの演奏で一曲(と数えるのかも不明だけど)だけなんだけど、
日本刀で抜き打ちに斬られたような、そんな気持ちになりましたよ俺は。
女房と2人で凄かったねと感動しまくり。
ノイズってすげえな。灰野さんまじパネェっす。

続いてローリー。
ローリーはすかんちの頃から知っているけど、弾き語りを聴くのは初めて。
選曲が妙に奥深いと云うか、ローリーの心の闇を感じると云うか・・。
ミニーザムーチャ(映画ブルースブラザーズでキャブ・キャロウェイが歌うんだよね)とか
ジャストアジゴロ(原曲はルイ・プリマ?だっけ?デイヴィッド・リーロスのヴァージョンが有名だけど)とか
ルパン三世のエンディング曲とか
四人囃子の「泳ぐなネッシー」とか、随分と幅広いなぁ。
ローリーは照れ屋だね。ギターも歌も上手いのに、そのことに照れちゃうんだろうね。

キノコホテル
レディースバンド。暴れてる!ナカナカ元気よくて好い。

非常階段
云わずと知れたking of noiseですわ。今日はあまり危険な事はしない。
でも演奏のテンションは凄い。
同じノイズ(同じにしたら詳しい人に叱られそうだけど、おいらノイズは門外漢なもんで)とは云え
灰野敬二とは真逆に感じられる。
灰野が静的で触れれば切れるような感じなのに対して
非常階段は動的でデュオニソス的と云うか祝祭的と云うか、ボコボコにぶん殴られ続ける感じ。
マジでボコボコにされました。でもなんか楽しくなる。

外道
外道は何度かライヴを観ているけど、現メンバーでは初めて。
ゲストでローリーも加わって、大いに盛り上がる。
やっぱねぇ加納秀人のギターって凄いよ。ドライヴ感があるよね。
リズム隊も実力派でバッチリ。
ビュンビュンとかカッコいいなぁ。
ウチのバンドでもやろうかな。
外道ダンス(知らない人にはさっぱり解らないと思うけど)は相変わらずですが
女性ファンをステージに上げるのは今回は無しでした。前は必ずやってた気がするんだけど。
あれ、万歳三唱とかも無かったな。

と云う事で、長くなりましたが(だって出演バンドが多いんだもん)、すげぇ面白かったすよ。
全然眠くなる暇が無かった。

ちなみに、
途中でトイレに行った訳ですよ、長丁場ですからね。
で、客席に戻ろうと廊下に出ると
スタッフに囲まれた頭脳警察が!
目の前にパンタさんが居る!スゲェ!何か声掛けなきゃ!な、な、何を云えば良いんだ!?
あわわわ!とか思っているうちにバンタさんが、、目の前を通過・・・・・・・・。
おおおおお、灰野敬二だ!灰野さんが目の前を・・・・以下同文。
・・・・・orz
あまりの事に絶句してしまった。呆然と見送っちゃったよ俺・・・・・。
心の準備できて無かったスから。
でもでも、終演後、そうる透さんに一緒に写真撮ってもらったぜ、自慢自慢!
日本を代表する名ドラマーだからなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する