カートの本と音楽の(PUNKな)日々2

小金井二郎にて汁なし

皆さん、オハヨーゴザイマス!
今起きました。

今回はちょっと訳が合って、記事が短めですがご了承ください。

18日の土曜日。アフラさん、Tさんと一緒にラーメン二郎新小金井街道店へ。
前日からの限定メニューの汁なしと煮玉子をポチっと。
サイズは小ラーメンです。残念ながら煮玉子売り切れになってしまったので、現金50円をプラスしてウズラに変更。
汁なしに付属のなまたまご
3_19 001
続いて汁なし本体でコールはヤサイ少なめ、ニンニク。
3_19 002
優しい味の汁なしなんだよね。薄味ってんじゃないのよ。優しい味ね。コレ大事。
3_19 003
3_19 004
美味かったのよ~。
コレで満足して家路につくのが正しいんでしょうけれど、車は川越へ・・・。

PageTop

野猿二郎にて はるかに高く栄光の旗を立てよ

今日は予定外ですが、野猿二郎へ。
残業もそこそこに仕事を放り出して野猿。
ラーメン二郎八王子野猿街道店2に到着しますと、外待ちゼロ。
小ラーメンの食券を購入。
それ行けカープを歌いながら(笑)ウェイティングシートに着く。
人目もはばからず、それ行けカープを朗々と歌いながらカウンターへ着席。
食券と100円を高台にビシッと置いて「ネギ玉ワン!」と宣言!
一部嘘が交じってますが・・・。
先ずはネギ玉
3-14 004
続いて「ニンニク抜き?」「ハイ!ニンニク抜きで!」のコール&レスポンスで小ラーメン。
3-14 005
富士の高嶺に雪は降りける
3-14 006
モチッとしてパツンと来る最近の野猿麺。
今日のスープはかなり美味いな。今日来て正解。シャキシャキとした大根おろしがコレまた堪らんのよ。
カープ魂が注入された一杯はまさに至福。
3-14 007
ブタは肉肉した美味い物。脂身のバランスも良し!
3-14 008
ネギ玉投入。まろやかさとネギの香味がスープに合う。
3-14 009
激ウマな一杯でした。特にスープが秀逸。

頑張れカープ助手!

PageTop

野猿二郎で小ラーメン+ねぎたま

昨日の昼飯は野猿二郎へ。
開店前に到着すると・・・結構並んでるなぁ・・・。
目見当で20人以上か。
う~んどこかで見かけた事のある方が並んでるけど・・・。
人違いかなぁ・・・。
すぐに開店して、店内へ。
食券に100円プラスしてネギ玉をお願いする。
助手君が「あっ」とか気が付いて。やっぱりあの方は・・・。
ちなみにブロガーさんとかではないですけどね。
ちょっと席が離れてたんでお話しできなかったけど、野猿で会うとは思わんかった。
そう云えば松戸でお会いした事があったな。
閑話休題。
まずはねぎたま。
3-12 006
長ネギ、なまたまご、カエシ、コチュジャン。
厨房内を見ていると、レイのDEATHヴァージョンが凄い事に。サドンデスソースをこれでもかと・・・。
続いてノーコールで小ラーメン。たぶんヤサイ少なめって云わせない作戦かと・・・。
3-12 007
3-12 008
野猿にしてはめずらしく、ちょっとクタ気味のヤサイ。
3-12 009
麺も何故かいつもよりも柔らかめ。ブレの範囲ですかね。
とはいえ、スビズバっと啜りこむとスープを吸って美味いのよ。
3-12 010
柔らかいブタ。ビール呑みたくなるねぇ・・・。いつも車だから呑めないのよ。
3-12 011
途中でネギ玉を投入。野猿のスープにネギが最高に合う。
いやぁ今日も美味い一杯だった。やっぱ毎週食べないとね!
僕の2ロット後にはじいさんが。
外待ちにはシドさん
が。
みんな好きねぇ(笑)

PageTop

自家製麺 伊藤 銀座店

トシヨロイヅカをあとにしまして、昼飯を食べるべく銀座方向へ。
この辺は美味いものが多いので目移りしますが、
今回はラーメン(笑)。またしてもラーメン。僕ラオタじゃないよ~と云いつつラーメンです。
途中でデカダンスドゥショコラの前を通ったのでふらふらと入店。その話は後日にして。
続いて和光アネックスで「パン ド エスキス フォー ワコウPain d'ESqUISSE for WAKO」でパン購入。
エスキスのパン!エスキス!行ってみてエ・・・。
今回はパンのみで。ちなみに今日の朝飯になったんですけど、
3-12 001
左がパボ。小豆と黒豆入りの要するにアンパン。なんですけど、コレ激ウマ!
非常に上品なアンパン。
3-12 005
右はもちろんクロワッサン。僕クロワッサンに目が無いんですけど、これも確かにレベルが高い。
個人的にはヴィロンとかエシレの方が好きだな。
3-12 004
クロワッサンにはママレード。
3-12 002
そして食パン。700円か・・・・・・・・・・・・・・・・。
ポンムピューレ(マッシュポテト)に最小限のパン生地を足して焼くと云うポテトの食パン。
3-12 003
たしかにトーストして食べると・・・うん?ポテト感じない・・・あ、呑みこんだ後の感じが違う。
サクサクとフワフワを合わせたたようなブリオッシュのような食感なんですけど、
飲みこんだ後にポテトを感じる。何もつけなくても美味しいので、ママレードやジャムでは無くてバターで頂く。
パンの耳が小麦好粉のみの物と比べて苦味が無い。耳まで美味い。
小麦が少ないつまりタンパク質が少ないって事なんでしょうか、ちぎるとパン生地が伸びる感じがなくて
パフっとちぎれる感じ。
これは甘くするよりもバターかハムが合うと思う。確かに美味い。かなり美味い。
でも食パンに700円かぁ。
チョコで1000円なら躊躇わないけれど、食パンで700円と云われるとちょっとギョッとするの・・・。
でも美味かった。

さて、本題。銀座6丁目まで歩いて・・・、この辺は魅力的なラーメン屋が集まってるんですけど
「むぎとオリーブ」か「伊藤」、もしくは連食?と思ってたんですけど、むぎとオリーブには10人以上の外待ちが。
素通りして「自家製麺 伊藤 銀座店」へ。外待ち無し、ただし満席。あ、一卓空いた。
券売機は店内。
3-11 031
本店は秋田県の角館にあるらしいんですけど、煮干しラーメンの名店との由。
肉そば中(麺1.5玉210グラム、焼豚4枚)をポチっと。
中華そばにすると、ネギしか乗ってないらしい。ちなみにネギ増しのボタンは売り切れ表示だった。残念。
店内は煮干しの良い香りが漂う。
3-11 025
焼豚とネギのみが載ったラーメン。スープは少なめですけど、それだけ煮干しの原価が掛っているとの由。
スープ増しの食券もありましたしね。
いやホントいい香りだな。
3-11 027
スープから頂く。
うんうん。こりゃ美味いスープだ。エグミとか苦味とかは無くて煮干しのストレートな旨味。
3-11 028
麺は博多ラーメンのような細麺で結構カタメ。僕好みの硬さ。
麺自体は美味いんだけど、スープの持ち上げはあまり良くないのが残念。
3-11 029
面積は小さいけれども、少し厚めに切られた焼豚。柔らかくて美味い。
このスープなら焼豚は無くても良いのかも。中華そば(ネギのみ)とチャーシュー丼がベストな選択だったかも。
でも、こりゃ美味いよ。かなりのモンだよ。
途中黒胡椒を投入。卓上には粗挽きの黒胡椒と唐辛子があったかと記憶しているんですけど、
このラーメンなら細挽きの白胡椒の方が合うと思うんだ。
好みだとは思うんですけど、煮干し系のラーメンだと細挽きの白胡椒が個人的にはベストマッチかと。
210グラムとのことですけど、サクッと完食。
アッサリとしていて旨味たっぷりなので完飲。
3-11 030
量的には物足りないけれども、味的にはたいへん満足。
銀座ってあまり好きじゃないので、再訪問は難しいけれど、味的には満足でした。

PageTop

ホワイトデーなのでトシヨロイヅカ。ついでにパレドオールとかプラリベルとか

う~んと、昨日の話ですが、ホワイトデーなので京橋にあるトシヨロイヅカに行ってみた。
え~っと、先ずですね、ヴァレンタインデーにレイから貰ったチョコレート。
2-19 001
新丸ビルにある「ショコラティエ パレ ド オールPALET D'OR」で購入。
ビーントゥーバーBean to barをコンセプトにした三枝俊介氏のお店。
2-19 003
マンダリーヌ、ウィスキー、マールオレンジ、パレドオールノワールの4粒を購入。と云うか買ってもらう(笑)
せっかくなので自分でも
2-19 004
3-5 002
カカオ70%のタブレットを購入。ヴェトナムのカカオ豆を使用したモノ。
どれも大変美味しかった。ヴェトナムのカカオは酸味が結構あるんだね。

ついでに、他の方から頂いた義理チョコ。
2-28 001
2-28 002
プラリベルPralibel。こちらはベルギーのチョコ。

んでもって、本編。
ホワイトデーと云う事で、トシヨロイヅカへ。
京橋エドグラン内にお店があるんですが、1Fがパティスリーとカフェ、2Fがデザートのコース料理が楽しめるサロンになってます。
僕は連れて行っただけでレイが主役ですんで、
詳しくはレイのブログを(いつ記事を書くか・・・)読んでいただくとしてサラッとご紹介だけ。
メニュー
3-11 021
3-11 022
3-11 023
苺のリゾット食べたいの?じゃあ、そっちのコースで。
ついでにモエエシャンドンも。
3-11 010
昼間っからモエか・・・、まあこういうお店だと昼酒でも罪悪感がないね。
3-11 011
3-11 012
フルーツの前菜。
真ん中のクリームは練乳を使った生クリーム。
全体に甘さは控えめでフルーツの甘さを堪能する感じ。
フルーツだとシャンパーニュが合うね。
3-11 013
続いて、トシヨロイヅカのスペシャリテである苺のリゾット。
3-11 014
3-11 015
真ん中の泡はフォームドミルクですかね。
苺の香りが良い感じですけど、はたしてリゾットにして美味い物なのか?
3-11 016
あ~ナルホドね~。パルミジャーノ・レジャーノでコクと旨味が足されていて、苺の香りと意外と合うんですね。
想像よりも美味しい。米と苺の甘さ・・・タマネギも入っているのかな・・・?
ふ~ん、キノコとか意外とベーコンとか入れると合うかもしれない。
あ、モエ飲み終わっちゃった・・・。これはコーヒーとか紅茶よりもワインかねやっぱり。
最後に苺のミルフィーユ。7種類から選べるんで悩んだんですけど、季節的に苺かなと。
3-11 018
3-11 019
周りのソースは苺の炭酸ソース。上のアイスはピスタチオ。
3-11 020
パイ生地は焼きたてなので、凄く軽くてサクサクでナイフで切ると崩れてしまうのでスプーンで頂く。
軽くて苺の風味が活きてますね~。
たいへん美味。
全体に甘さは控えめでフルーツ(今回は苺づくしにしてみました)が活きるように考えられてますね。
寿司屋のカウンターのように、目の前で調理されているデザート。
こう云うのもたまの贅沢としては良いですね。レイも喜んでいたので良かったわ~。
普段苦労掛けてますからね・・・。

さて、昼飯食うか。

PageTop